観て!聴いて!納得!鳥・うさぎ・小動物の最適な暮らしと看護をサポートする用品専門店

「横浜小鳥の病院」併設ショップ

Birds' Grooming Shop

〒221-0021 神奈川県横浜市神奈川区子安通1-2-16

鳥さん個別相談

現在お申込みは受付ておりません

”迷子”にさせないための”放鳥時のルール”

桐ちゃんのココロからの叫び

『うっかり、ダメ!ゼッタイ!』

「自分は大丈夫」だなんて決して思わないで!

お家の外は(中も)
危険がいっぱい

鳥さんをうっかり外に逃がしてしまった、、、

このような悲しい事象は後を絶ちません。そして、このほとんとの原因は飼い主さんによる「うっかり」や「慢心」によるものです。

飼い鳥は外の世界では生きていけません。

どうか、「自分は大丈夫」、「うりの子はベタ馴れだから大丈夫」、「クリッピング(羽根を切っている)しているから大丈夫」などとは決して思わずに、鳥さんと接したり、鳥さんをケージから出してあげる際は十分にご留意ください。

鳥さんをケージから出す時は
家族全員で指さし確認を!

□ 窓は閉まってますか?

□ ドアは閉まってますか?

□ 宅配便は来ない?

*ベランダに洗濯物を干す時、ゴミ出しに外へ行く時、肩や頭、背中に鳥さんはとまっていませんか?

家の中だからと言って油断してはいけません。窓を網戸にしていて、気が付くと網戸を齧って外に出て行ってしまったという事例もありますので、放鳥前、放鳥時、放鳥中は、充分にご注意願います。

日頃から遊びながらできるトレーニング

外に飛び出してしまった鳥さんは、自分の置かれた状況が理解できずにドキドキしていることでしょう。飼い主さんが鳥さんを発見する前に、鳥さんの方が飼い主さんを先に発見できている可能性もあります。たとえ、自分のことを探し回っている飼い主さんを発見したとしても、動けない場合がほとんどのようです。そんな時に、鳥さんの呼び戻しに役立つ合図として、日頃から遊びの一環としてできるトレーニングをご紹介いたします。

●呼び戻しの音:鈴や笛、あるいは言葉でもいいので、決まった音を鳴らしたら飛んでくるなどの練習をしておくと、屋外でもその音を頼りに戻ってきてくれるケースもあります。

●真下に飛んでくる練習:鳥さんは真下に飛ぶことは、実は練習をしておかないと苦手なようです。鳥さんを見つけた時に木の上にいたとしたら、下の方に向かって飛んできてもらわないといけません。なので、日頃から鳥さんが部屋の中でとまっている位置から真下に飛んでこられるように練習をしておくと遊びにもなりますし、いざという時に役立つ可能性があります。

用意しておきたいことと情報

万が一、鳥さんが外に飛び出してしまったら、スピードが命!

近所に貼ったり、下記のような場所にお願いする際に、必要情報を記載したチラシを作れるよう必要な情報などの準備を普段からしておくことをお勧めします。

【必要情報】

・鳥さんの種類 ・鳥さんの画像(いろいろな角度数枚)

・鳥さんの特徴(○○とおしゃべりできる、口笛が得意 etc)

・飼い主さんの連絡先(公開しても可能なもの)

*ご注意* 飼い主さんしか知りえない足環などの情報は、チラシなどには掲載しないことをお勧めします。飼い主さんになりすまして、保護された鳥さんを手に入れてしまうような悪質なパターンも考えられます

チラシの配布・掲示場所/連絡場所

  • 警察署、保健所に届け出
  • 動物病院、ペットショップに「鳥さん探していますのチラシ掲示」のお願い
  • そのほか、ご近所や学校、商店街などにチラシを配布したり掲示依頼
  • SNS(ツイッター、Facebookなど)の活用。動画があればYoutubeなどに掲載など

ちょこっとコラム

鳥さんの飛行距離    ~1マイル、1か月ルール~

海外では、「One mile / One month Rule」というものがあるそうです。

鳥さんが外に飛び出してから最初の3日間から1か月程度は、1マイル(およそ2.5平方キロメートル)にとどまっていることが多いということから、逃げていった方向を重点的に探したり、ビラを配ったりすることを勧めており、外に飛び出してから最初の3日間がカギとなるそうです。しかしながら、風に乗ってしまったり、野鳥などから追い回されてなければのルールなので、実際は最低でも約2.5平方キロメートルを目安として、もっと広範囲をターゲットにした方がよいでしょう。

日本における保護の実例として掲載されていたものをご紹介させていただきます。

●セキセイインコ:2日で5キロ、朝~夕方で15キロ、3週間で15キロ、台風時:半日で20キロ

●コザクラインコ:2日で30キロ

●オカメインコ:2日で20キロ

お役立ち情報の場&トレーニング

鳥さん仲間のコミュニティ

呼び戻しトレーニング

個別ご相談をご希望の方は
こちらから