観て!聴いて!納得!鳥・うさぎ・小動物の最適な暮らしと看護をサポートする用品専門店

「横浜小鳥の病院」併設ショップ

Birds' Grooming Shop

〒221-0021 神奈川県横浜市神奈川区子安通1-2-16

鳥さん個別相談

現在お申込みは受付ておりません

”肥満”にさせないための”食餌”

桐ちゃんからのお説法

『肥満は万病の元・・・鳥も、人も』

栄養バランスのとれた食餌を!

総合栄養食と言われる「ペレット」をオススメします。

栄養のバランスがとれた食餌を与えてあげることが、飼い主さんとしての最大の責任です。

鳥さんが好きな物イコール身体にいい物とは限りません。選り好みをしてしまう鳥さんもいますが、栄養バランスが取れて、食べ過ぎないような食餌を心がけてあげてください。

総合栄養食と言われる「ペレット」を食餌全体量の7割以上を食べてくれるのであればビタミン剤やミネラルなどを与える必要はありません。

もし、皮付餌(シード)が主食の鳥さんでしたら、お野菜やビタミン剤、ミネラルを与えてあげて、栄養に偏りがないように配慮してあげてください。

たまには空腹の時間帯を作ってあげよう

上げ膳据え膳の鳥さんは、肥満にもなりやすいですし、餌を探して見つけてゲットするといったフォージングの機会もない生活を送ることになってしまいます。お休みの日には、少しの時間だけでもケージから餌入れを抜いて、空腹の時間を作ってあげることをお勧めします。この空腹の時間は、トレーニングに熱心に参加してもらうには絶好の時間になりますし、おもちゃで遊んでくれない鳥さんにはおもちゃで遊ぶ楽しさを知ってもらうことにも利用できます。

無限に広がるフォージングのアイディアは飼い主さん次第!
photo credit:Parrot Enrichment

『フォージング』ってなぁに?

「フォージング」とは「餌探し行動」のことを言います。
野生の鳥たちは、家庭で暮らす鳥たちとは違って、自力でエサを見つけなければなりません。

飛んだり、齧ったり、つついたり、失敗したり、鳥たちはエサをみつけるために、一日の内のおよそ8時間をフォージング(餌探し行動)に費やすと言われています。ご家庭でも飼い主さんの知恵を絞っていただき、フォージングを取り入れていただけたら、鳥さんの知的好奇心を刺激し、餌を探して得られる喜びを演出してあげられるのではないかと思います。

もっと詳しく「フォージング」についてお知りになりたい方は、「フォージングについて」をクリック!

鳥さんの適正体重を知ろう

私の場合は、100g超えたらヤバイ!と
言われてます。

肥満かどうかは鳥さんにとっての適正な体重を知ることが重要です。

飼養本に書かれている、鳥種ごとの平均体重はあくまでも目安であり、これが全て当てにあてはまるわけではないということをご理解ください。鳥さん一羽一羽の骨格や肉付きによって適正体重は変わってきます。そのためには、病院に行って鳥さんの骨格を診てもらいつつ、その鳥さんに合った適正体重を把握していただきたいと思います。

選り好みをする鳥さんにやってみよう「モデル/ライバル法」

ヨウムのアレックスのトレーニング法として有名な「モデル/ライバル法」。

基本的に人が2人、教師役と学習者役が必要ですが、お一人でも迫真の演技でぜひ挑戦してみてください。

一人でも挑戦!二人いたらなお良し!「モデル/ライバル法」

  • 鳥さんに食べてほしい物を飼い主さんがおいしそうに食べている様子を見せびらかす。
  • 二人いればお互いに渡して、楽しそうに、おいしそうに食べあう。

  • 「これ食べてみる?」と鳥さんに差し出してみて、興味を示して口を「あ~ん」としてきたら、すぐにはあげずに一旦引っ込める「じらし作戦」。

  • 口にしてくれたら、大げさに褒める。(大きい声を出すと驚いてしまう鳥さんもいるので、鳥さんの性格に合わせたリアクションで)
  • 鳥さんが食べ始めたら、「ねぇ~ねぇ~これちょうだ~い」とちょっかいを出す。本当にとったりはしない。

ダイエットの方法

準備中

ペレットへの切り替え方法

準備中

お役立ちグッズ & トレーニング

キッチンスケール、ペレットを粉にできるミルミキサー

通販サイトでもご購入いただけます

キッチンスケールにのる
ペレットへの切り替え

個別ご相談をご希望の方は
こちらから